東京で相続対策から事業承継でお悩みなら『伊藤俊一税理士事務所』|自社株対策の基本的な考え方 金庫株・有償減資の続き3

新着情報

~税理士・会計事務所のための~「コンサル質問会」

税理士・会計事務所がもっとも悩み、もっとも頭が痛い、顧問先へのコンサル・提案について、突っ込んだ内容の相談・質問が可能に!

税理士の為のコンサル質問会 詳細はこちら

自社株対策の基本的な考え方 金庫株・有償減資の続き3

2013年08月11日
こんにちは、東京都文京区会計事務所の税理士伊藤俊一と申します。

東京都は連日うだるような暑さです。あまり長時間外に出られると倒れます。ご自愛くださいませ。

事業承継のスキーム策定の中で金庫株・有償減資は非常に多く用いられることをお話ししました。
具体的な自社株対策としてどのような場面で有効なのでしょうか。
・株式保有特定会社に対する対策
グループ会社の株式を保有しているため株式保有特定会社に該当するような会社は、保有する株式を金庫株します。譲渡代金によって現金が増加し、総資産が増加する結果、株式保有特定会社に該当しないようにすることもできるでしょう。
なお、自己株式を譲渡した法人はみなし配当の扱いを受けますが、受取配当金の益金不算入により、一部税負担の軽減が図れることと思われます。これは実行前に絶対にシミュレーションが必要な事項となります。
・上記の場合、類似業種比準価額はどうなるか?
※上記のみなし配当が継続的に発生すると、つまり、連年、金庫株を実行すると所得が単純に増加しますので1株当たりの利益金額が増加し、類似業種比準価額は上昇します。
※金庫株は株式数が減少します。その結果単純に類似業種比準価額が増加することもあります。
以上2点も実行前に必ずシミュレーションをしなければならないところとなります。
続きはまた次回にしましょう。

戻る

最初のご連絡は必ずお問い合わせフォームからご連絡ください。※土日祝日は事前にご連絡いただければ対応させていただきます。匿名でのお電話、捨てメールアドレスによるお問い合わせはご遠慮ください。

税理士・会計事務所のための
「コンサル質問会」

税理士・会計事務所がもっとも悩み、もっとも頭が痛い、顧問先へのコンサル・提案について、突っ込んだ内容の相談・質問が可能に!

税理士・会計事務所の為のコンサル質問会

相続対策について

人気投稿

Information

伊藤・橘川・芝波田共同会計グループ内
伊藤俊一税理士事務所
〒113-0034
東京都文京区本駒込4丁目36-7

事業承継、組織再編、相続対策、少数株主からの株式集約にお悩みの方、 お探しの方は東京の伊藤俊一税理士事務所までご相談ください!

  • 営業時間 平日9:00~19:00 ※土日祝日は事前にご連絡いただければ対応させていただきます。
  • 03-3822-0010
  • お問い合わせはこちら MAIL FORM

ページの先頭へ