東京で相続対策から事業承継でお悩みなら『伊藤俊一税理士事務所』|自社株対策の基本的な考え方 財団法人への寄付

新着情報

自社株対策の基本的な考え方 財団法人への寄付

2013年08月18日
こんにちは東京都文京区会計事務所、税理士伊藤俊一と申します。

オーナーが財団法人へ株式を寄付した時は特例を利用することができます。
(原則)
個人が法人に対して譲渡所得の起因となる財産(株式)を寄付した場合には、その時の時価により譲渡したものとみなされます。
財団法人は「一般社団法人・一般財団法人」に関する法律により設立された法人であることから上記の規定の適用を受けることになります。
寄付はオーナー経営者個人が生前に行う場合、つまり贈与と、遺言によって行う場合、つまり遺贈があります。財団側でも、その贈与により贈与者の親族または特別の関係がある者の相続税・贈与税が不当に減少する結果となる場合は、その財団を個人とみなして贈与税を課税することとなります。
(特例)
公益財団法人、特定一般法人その他公益を目的とする事業を営む法人に対する財産の贈与は「一定の要件を満たし」「国税庁長官の承認を受けたもの」については、その財産の贈与の特例について非課税の扱いを受けます。
遺贈についても「相続税の申告期限までに」上記のことを実行すれば非課税になります。
ちなみにこの特例は既存の財団に寄付する場合に限り、新たに設立された財団法人には適用有りません。そうですよね。相続が発生してから新たに財団を設立し、そこに自社株を遺贈したら租税回避行為以外の何物でもありませんから。
相続税が非課税とされる財団法人というのは制限があります。詳細は税理士に聞いてみてください。

戻る

ご用の際は何時でもお気軽にお問い合わせ下さい! 03-3822-0010 営業時間 平日9:00~19:00 メールでのお問い合わせはこちらから

Information

伊藤・橘川・芝波田共同会計グループ内
伊藤俊一税理士事務所
〒113-0021
東京都文京区本駒込4-36-7-1101

事業承継、組織再編、相続対策、少数株主からの株式集約にお悩みの方、お探しの方は東京の伊藤俊一税理士事務所までご相談ください!

  • 営業時間 平日9:00~19:00 ※土日祝日は事前にご連絡いただければ対応させていただきます。
  • 03-3822-0010
  • お問い合わせはこちら MAIL FORM

ページの先頭へ