東京で相続対策から事業承継でお悩みなら『伊藤俊一税理士事務所』|重加算税=故意である事実を証明することが必要

新着情報

重加算税=故意である事実を証明することが必要

2013年12月19日
こんにちは東京都文京区税理士伊藤俊一と申します。

昨日の続きです。実地調査は年々減少していく傾向にあると思われます。従って、今回の内容は時代と逆行したものになってしまいます。
重加算税を課すには、「故意である事実」を証明する必要があります。その証明はどのようになされるのでしょうか。
これは判例に遡及します。「故意ではない」という主張だけではもちろん弱くて、「外部からもうかがい得る特段の行動」という重要な判定基準が
あるのです。この「外部からもうかがい得る特段の行動」で判例検索を行ってください。重加算税を判定する際の重要な基準ですので
税務調査時の反論材料のヒントが出てくると思われます。

戻る

ご用の際は何時でもお気軽にお問い合わせ下さい! 03-3822-0010 営業時間 平日9:00~19:00 メールでのお問い合わせはこちらから

Information

伊藤・橘川・芝波田共同会計グループ内
伊藤俊一税理士事務所
〒113-0021
東京都文京区本駒込4-36-7-1101

事業承継、組織再編、相続対策、少数株主からの株式集約にお悩みの方、お探しの方は東京の伊藤俊一税理士事務所までご相談ください!

  • 営業時間 平日9:00~19:00 ※土日祝日は事前にご連絡いただければ対応させていただきます。
  • 03-3822-0010
  • お問い合わせはこちら MAIL FORM

ページの先頭へ