東京で相続対策から事業承継でお悩みなら『伊藤俊一税理士事務所』|不動産の相続税評価額 特殊な評価 凸凹、水路、赤道等

新着情報

~税理士・会計事務所のための~「コンサル質問会」

税理士・会計事務所がもっとも悩み、もっとも頭が痛い、顧問先へのコンサル・提案について、突っ込んだ内容の相談・質問が可能に!

税理士の為のコンサル質問会 詳細はこちら

不動産の相続税評価額 特殊な評価 凸凹、水路、赤道等

2013年07月28日
こんにちは東京都文京区の税理士伊藤俊一と申します。

前回までの続きは下記をご覧ください。
http://ameblo.jp/souzokusetsuzei

さて、今までお話ししてきた不動産の相続税評価上、特殊な評価をするものでも、今回はかなり突っ込んだのものを列挙します。下記については税理士としての本来の職務の範疇を完全に逸脱しております。従って、不動産鑑定士、土地調査家屋士、測量士等といった不動産実務に長けた専門家と提携している税理士に相談しなければならない事項といえます。

(1)凸凹がある場合
高低差がある場合、凸凹がある場合、評価減の対象となります。再三再四申し上げたとおり、これらについては実測図や公図ではわかりません。現地への実地調査をした上で初めてわかる事項です。
(2)水路・赤道(あかみち)がある場合
公図と役所調査で判明する事項です。ちなみに図面上だけ水路がある場合もありますが、この場合、評価対象から除外する必要があります。また赤道(あかみち)はけもの道、あぜ道といわれるもので評価対象から除外する必要があります。
(3)幹線道路に接した土地
幹線道路に接する土地で容積率が異なる土地は別の計算方法が規定されています。これも留意が必要です。

次回は広大地についてお話ししようと思います。

※相続税無料相談会実施中
相続税の簡易シミュレーションも行います。
※不動産節税スキーム簡易診断サービス実施中
相続税の簡易シミュレーションも行います。

お気軽にお問い合わせ先からご連絡くださいませ。

戻る

最初のご連絡は必ずお問い合わせフォームからご連絡ください。※土日祝日は事前にご連絡いただければ対応させていただきます。匿名でのお電話、捨てメールアドレスによるお問い合わせはご遠慮ください。

税理士・会計事務所のための
「コンサル質問会」

税理士・会計事務所がもっとも悩み、もっとも頭が痛い、顧問先へのコンサル・提案について、突っ込んだ内容の相談・質問が可能に!

税理士・会計事務所の為のコンサル質問会

相続対策について

人気投稿

Information

伊藤・橘川・芝波田共同会計グループ内
伊藤俊一税理士事務所
〒113-0034
東京都文京区本駒込4丁目36-7

事業承継、組織再編、相続対策、少数株主からの株式集約にお悩みの方、 お探しの方は東京の伊藤俊一税理士事務所までご相談ください!

  • 営業時間 平日9:00~19:00 ※土日祝日は事前にご連絡いただければ対応させていただきます。
  • 03-3822-0010
  • お問い合わせはこちら MAIL FORM

ページの先頭へ