東京で相続対策から事業承継でお悩みなら『伊藤俊一税理士事務所』|自社株対策の基本的な考え方 事例のご紹介

新着情報

自社株対策の基本的な考え方 事例のご紹介

2013年08月14日
こんにちは東京都文京区会計事務所、税理士伊藤俊一と申します。

事業承継スキーム立案にあたっての自己株式取得事例をご紹介します。
(1)後継者が主要株主の持株会社へオーナーが本体株式を譲渡します。このスキームはホールディング形成スキームでお話しした通りですね。
(2)
1.オーナーまたは同族株主が持株会社設立
2.持株会社は、本体会社株式を相続人より買取します。なお持株会社ではこの株式購入資金を外部金融とします
3.本体会社は持株会社株式を自己株式として取得します、持株会社はこの譲渡代金で上記2.の借入金を返済します

(2)における留意事項としては
・オーナーは直接自己株式を譲渡した場合、配当所得が総合課税されるため納税資金負担が高い、これを回避できる。
・グループ会社への譲渡は通常の譲渡所得に該当するため20.315%(復興特別所得税含む)の課税率でOK
・グループ会社が本体株式を取得後、本体会社が自己株式を取得しても法人株主による購入であることから
生じた「みなし配当」に対して益金不算入になる。
・上記スキーム実行にあたっては包括的租税回避行為と認定されないようにスケジュールをよく吟味する。
ちなみに包括的租税回避行為とは同族会社の行為計算否認の組織再編バージョンのことです。

戻る

ご用の際は何時でもお気軽にお問い合わせ下さい! 03-3822-0010 営業時間 平日9:00~19:00 メールでのお問い合わせはこちらから

Information

伊藤・橘川・芝波田共同会計グループ内
伊藤俊一税理士事務所
〒113-0021
東京都文京区本駒込4-36-7-1101

事業承継、組織再編、相続対策、少数株主からの株式集約にお悩みの方、お探しの方は東京の伊藤俊一税理士事務所までご相談ください!

  • 営業時間 平日9:00~19:00 ※土日祝日は事前にご連絡いただければ対応させていただきます。
  • 03-3822-0010
  • お問い合わせはこちら MAIL FORM

ページの先頭へ