東京で相続対策から事業承継でお悩みなら『伊藤俊一税理士事務所』|名義預金認定されず、子や孫に秘密の贈与をする方法(2)

新着情報

名義預金認定されず、子や孫に秘密の贈与をする方法(2)

2013年12月31日
こんにちは事業承継・相続税専門東京都文京区税理士伊藤俊一と申します。

 自己信託にする場合、原則的にその信託契約は「公正証書」で残す方が良いと思われます。公正証書は公証役場で保管され、記載された内容は法的な効力を有します。この方法であれば、子や孫に知られることなく贈与をすることは可能かと思われます。ただし、このようなスキームを組んだところで贈与の意思表示はどうなるか?という疑念は残ります。つまり「あげる」「もらった」という当事者間の同意がないじゃないか?という点です。また、これは何かしらの税法根拠条文に基づく方法ではありません。これからこういった信託活用は広がっていくと考えられますので、今後、取り扱いも国税庁から公表されると思われます。

 ここでは信託の活用方法をどんどん提示していきます。ただし、根幹となる事項を述べるにすぎないため、詳細はぜひとも当職までお問い合わせ願いたいと思っております。ちなみに信託を本格的に活用したスキームを構築できる税理士は全国でもほんの一握りです。

戻る

ご用の際は何時でもお気軽にお問い合わせ下さい! 03-3822-0010 営業時間 平日9:00~19:00 メールでのお問い合わせはこちらから

Information

伊藤・橘川・芝波田共同会計グループ内
伊藤俊一税理士事務所
〒113-0021
東京都文京区本駒込4-36-7-1101

事業承継、組織再編、相続対策、少数株主からの株式集約にお悩みの方、お探しの方は東京の伊藤俊一税理士事務所までご相談ください!

  • 営業時間 平日9:00~19:00 ※土日祝日は事前にご連絡いただければ対応させていただきます。
  • 03-3822-0010
  • お問い合わせはこちら MAIL FORM

ページの先頭へ