東京で相続対策から事業承継でお悩みなら『伊藤俊一税理士事務所』|名義預金認定されず、子や孫に秘密の贈与をする方法

新着情報

名義預金認定されず、子や孫に秘密の贈与をする方法

2013年12月30日
こんにちは事業承継・相続税専門東京都文京区税理士伊藤俊一と申します。

表題の件、自己信託を使います。「親が親自身に対して預金を信託する」ということです。
委託者が親、受託者も親にして、信託契約そのものは委託者と受託者の間で締結し両者(両方とも親)が合意します。
そしてその信託から利益を得る受益者を子にするのです。信託契約で受益者にその旨を通知しなければならないのですが
特約で別段の定めをすれば知らせないことも可能になるのです。
続きは次回にしましょう。

戻る

ご用の際は何時でもお気軽にお問い合わせ下さい! 03-3822-0010 営業時間 平日9:00~19:00 メールでのお問い合わせはこちらから

Information

伊藤・橘川・芝波田共同会計グループ内
伊藤俊一税理士事務所
〒113-0021
東京都文京区本駒込4-36-7-1101

事業承継、組織再編、相続対策、少数株主からの株式集約にお悩みの方、お探しの方は東京の伊藤俊一税理士事務所までご相談ください!

  • 営業時間 平日9:00~19:00 ※土日祝日は事前にご連絡いただければ対応させていただきます。
  • 03-3822-0010
  • お問い合わせはこちら MAIL FORM

ページの先頭へ