東京で相続対策から事業承継でお悩みなら『伊藤俊一税理士事務所』|親の土地に家を建築⇒地代は?

新着情報

親の土地に家を建築⇒地代は?

2013年12月23日
こんにちは東京都文京区税理士伊藤俊一と申します。

 親の土地に子が家を建てる場合、地代を払わない、いわゆる使用貸借であれば、税務上特に問題は発生しないです。
ただし、賃貸借契約をして通常の地代を払う場合は、税務上、問題が出てきます。
本来は払うべき、借地権代(権利金)分を払わなくてすむ分、親から子に贈与があったとみなされる場合もあります。
 このような場合、1つには借地権代を払う、ということが考えられます。借地権割合は、土地の60%~70%を占めることになる
地域が多いので、多額のお金が必要になりあまりお勧めできません。
また、もらった方の親も、借地権部分を売った、ということで、譲渡所得がかかってしまいます。
 そこで相当の地代を払うという方法も考えられます。相当の地代とは、多額の借地権代を払う代わりに、
少し高めの地代を払うことによって、課税問題を発生させない方法です。土地の相続税評価額の年6%の地代です。
ただし、その相続税評価額は、過去3年間の平均額を使います。これを払っていれば、贈与税の問題が発生しません。
また、相続時には親の土地について、借地権見合いの評価減が受けられることなどから、この方式を活用することは多々あります。

戻る

ご用の際は何時でもお気軽にお問い合わせ下さい! 03-3822-0010 営業時間 平日9:00~19:00 メールでのお問い合わせはこちらから

Information

伊藤・橘川・芝波田共同会計グループ内
伊藤俊一税理士事務所
〒113-0021
東京都文京区本駒込4-36-7-1101

事業承継、組織再編、相続対策、少数株主からの株式集約にお悩みの方、お探しの方は東京の伊藤俊一税理士事務所までご相談ください!

  • 営業時間 平日9:00~19:00 ※土日祝日は事前にご連絡いただければ対応させていただきます。
  • 03-3822-0010
  • お問い合わせはこちら MAIL FORM

ページの先頭へ