東京で相続対策から事業承継でお悩みなら『伊藤俊一税理士事務所』|信託税制下での複層化の本質について(1)

新着情報

信託税制下での複層化の本質について(1)

2017年06月19日
信託受益権の複層化について信託法上は個々の信託契約に従って実質判断すればよいという旨を述べた。それは,信託法では受益権を分割すること自体に興味がなく,それよりも受益者が複数存在する場合の受益者間の規律や受益者の受託者に対する関係に重きを置いてきたからであると述べた。
では,平成19年信託税制改正による信託税制下での収益受益権の複層化の法的性質はどのように考えればよいのだろうか。
佐藤英明教授はサンヨウメリヤス土地賃借事件(最判昭和45年10月23日民集24巻11号1617頁))を下敷きに,このような事例を示されている。
「【事例】個人Gは,自己の所有する収益用不動産甲(時価1億円)を信託財産とする信託を設定した(受託者はT信託銀行)。信託期間は10年間で,受益権者は,信託期間中,甲から得られる収益を受け取る権利を有する。Bはこの信託の受益権をGに4000万円支払って取得した。Gが受け取る4000万円はいかなる所得分類の収入とされるか 。」

戻る

ご用の際は何時でもお気軽にお問い合わせ下さい! 03-3822-0010 営業時間 平日9:00~19:00 メールでのお問い合わせはこちらから

Information

伊藤・橘川・芝波田共同会計グループ内
伊藤俊一税理士事務所
〒113-0021
東京都文京区本駒込4-36-7-1101

事業承継、組織再編、相続対策、少数株主からの株式集約にお悩みの方、お探しの方は東京の伊藤俊一税理士事務所までご相談ください!

  • 営業時間 平日9:00~19:00 ※土日祝日は事前にご連絡いただければ対応させていただきます。
  • 03-3822-0010
  • お問い合わせはこちら MAIL FORM

ページの先頭へ