東京で相続対策から事業承継でお悩みなら『伊藤俊一税理士事務所』|現行(改正)評価方法が旧法による節税スキームに対する影響(2)

新着情報

現行(改正)評価方法が旧法による節税スキームに対する影響(2)

2017年07月11日
最後に経年効果である。経年効果とは,分割することにより元本受益権の評価が逐年増加し,信託期限到来時に100になり,逆に収益受益権の評価は逐年評価が減少し,償還期限には0になるという効果である。金利効果や分離効果は信託制度の付随的な性格を有するから,効果の増減は認められる。一方,経年効果は信託制度の本質から生じるものだから通達などで制限したり消滅したりすることはできない。
また,現行財産評価基本通達202項では,収益受益権の評価に際して将来受けるべき利益の推算と,期間に応じた基準年利率という不確定計算要素があることに留意しなければならない 。佐藤英明教授は,信託設定時に適切な評価が可能でなければならないであろうと指摘する 。

戻る

ご用の際は何時でもお気軽にお問い合わせ下さい! 03-3822-0010 営業時間 平日9:00~19:00 メールでのお問い合わせはこちらから

一般社団法人

Information

伊藤・橘川・芝波田共同会計グループ内
伊藤俊一税理士事務所
〒113-0021
東京都文京区本駒込4-36-7-1101

事業承継、組織再編、相続対策、少数株主からの株式集約にお悩みの方、お探しの方は東京の伊藤俊一税理士事務所までご相談ください!

  • 営業時間 平日9:00~19:00 ※土日祝日は事前にご連絡いただければ対応させていただきます。
  • 03-3822-0010
  • お問い合わせはこちら MAIL FORM

ページの先頭へ