東京で相続対策から事業承継でお悩みなら『伊藤俊一税理士事務所』|現行財産評価基本通達202項改正前(旧法)において困難と考えられた評価方法(2)

新着情報

現行財産評価基本通達202項改正前(旧法)において困難と考えられた評価方法(2)

2017年07月02日
佐藤教授の指摘は,事例を4つに分けて紹介されたものだが,ここでは,全く評価が不能であり,旧現行財産評価基本通達202項においても評価の特定が困難であると考えられた事例を取り上げる。
「○評価が不可能な場合
【例4】委託者Uは自己の所有する金銭を信託財産として信託を設定した。信託の収益の受益者は子X,Y,Zである。その受益権の内容は(イ)3人及びその配偶者が事故・病気のために入院した場合にはその費用相当額を信託から分配する。(ロ)(イ)による分配をしても残る信託収益がある場合には,3人に対して,その年分の所得が1000万円に満たない場合に,その満たない分を信託から分配する。
 将来の受益者の具体的事情等に応じて柔軟に対応しうるのが信託の特性であるが,この【例4】のような信託が設定された場合,その設定時にX,Y,Zの受益権の価額を統計的な資料を基礎として評価することは極めて困難である。
このように具体的な受益権の評価が統計的に不可能である場合には,複雑な擬制を重ねるよりもこの3人が信託元本の信託期間中の収益力を3等分して受けたと考えるのが最も簡明であり,やむを得ない課税方法ではないかと考えられる。」
確かに佐藤教授の指摘の通り,上記事例では,3等分するのが最も合理的であることは否定できない。複雑な擬制を重なることも可能であることも1つの方法として考えられるが,ここでは権利関係を明らかにすることの方が重要であると考えられる。例えば不動産を信託財産としたときは収益受益者に帰属する経済的利益は全ての経費相当分を差し引いたキャッシュフローとなるが,上記の【例4】でいうところでは全ての諸経費を差し引いて計算した後の残額を三等分するという極めて単純な方法である。
さらに実務的に処理しようとすれば,信託の目的の変更,受益権の譲渡の制限等,当初信託契約から受益者に重大な影響を与える事実が存するに至る場合には,信託法103条より受益権取得請求権を行使することも可能であるので,これを行使すればよいだけということにもなりうる。

戻る

ご用の際は何時でもお気軽にお問い合わせ下さい! 03-3822-0010 営業時間 平日9:00~19:00 メールでのお問い合わせはこちらから

Information

伊藤・橘川・芝波田共同会計グループ内
伊藤俊一税理士事務所
〒113-0021
東京都文京区本駒込4-36-7-1101

事業承継、組織再編、相続対策、少数株主からの株式集約にお悩みの方、お探しの方は東京の伊藤俊一税理士事務所までご相談ください!

  • 営業時間 平日9:00~19:00 ※土日祝日は事前にご連絡いただければ対応させていただきます。
  • 03-3822-0010
  • お問い合わせはこちら MAIL FORM

ページの先頭へ