東京で相続対策から事業承継でお悩みなら『伊藤俊一税理士事務所』|現行財産評価基本通達202項改正前(旧法)による評価方法と節税スキーム(3)

新着情報

現行財産評価基本通達202項改正前(旧法)による評価方法と節税スキーム(3)

2017年07月05日
通達改正後はこのような信託評価差額が生じないように設計されている。元本受益権の評価において,収益受益権の評価額を控除項目とする理由は,信託収益が残余財産に優先して支払われるためであり,また元本受益権の受贈者は,一定期間にわたり収益受益者に一定の給付をする負担とともに通常の複層化されていない信託受益権の贈与を受けた場合に類似した経済的利益を(負担付贈与を受けた場合の経済的利益)を受けることになるからと説明されている 。作為的な信託評価差額を生じさせないという観点においてはこの改正は有意義であったと評価できる。

戻る

ご用の際は何時でもお気軽にお問い合わせ下さい! 03-3822-0010 営業時間 平日9:00~19:00 メールでのお問い合わせはこちらから

Information

伊藤・橘川・芝波田共同会計グループ内
伊藤俊一税理士事務所
〒113-0021
東京都文京区本駒込4-36-7-1101

事業承継、組織再編、相続対策、少数株主からの株式集約にお悩みの方、お探しの方は東京の伊藤俊一税理士事務所までご相談ください!

  • 営業時間 平日9:00~19:00 ※土日祝日は事前にご連絡いただければ対応させていただきます。
  • 03-3822-0010
  • お問い合わせはこちら MAIL FORM

ページの先頭へ