東京で相続対策から事業承継でお悩みなら『伊藤俊一税理士事務所』|アメリカ法における信託受益権の評価(6)

新着情報

~税理士・会計事務所のための~「コンサル質問会」

税理士・会計事務所がもっとも悩み、もっとも頭が痛い、顧問先へのコンサル・提案について、突っ込んだ内容の相談・質問が可能に!

税理士の為のコンサル質問会 詳細はこちら

アメリカ法における信託受益権の評価(6)

2017年07月21日
ここでアメリカでは贈与税と遺産税を同一税率テーブルで計算するため,一生涯にわたり利用する統一移転税額控除(Unified Transfer Tax Credit)がある。
そこでは,取消不可能な信託(irrevocable trusts)と取消可能な信託(revocable trusts)では,課税関係が異なる。取消不可能な信託であっても,委託者が生存中に信託所得を支配しその所得を享受している場合は,委託者の遺産に含まれる(内国歳入法2036条 ⒜(1))。また,取消可能な信託において,委託者が受益者を指名,変更あるいは消滅させる権限を死亡時まで留保する場合には,信託財産は遺産に含まれる(内国歳入法2038条)とされている。このため当該信託が「取消可能信託」か「取消不可能信託」か,という点が民事信託利用のためには最も考慮すべき事項になるものと思慮する。これは当該信託契約において,受益者が受ける利益は,確定したものであるか未確定なものであるか,と言い換えることができる。

戻る

最初のご連絡は必ずお問い合わせフォームからご連絡ください。※土日祝日は事前にご連絡いただければ対応させていただきます。匿名でのお電話、捨てメールアドレスによるお問い合わせはご遠慮ください。

税理士・会計事務所のための
「コンサル質問会」

税理士・会計事務所がもっとも悩み、もっとも頭が痛い、顧問先へのコンサル・提案について、突っ込んだ内容の相談・質問が可能に!

税理士・会計事務所の為のコンサル質問会

相続対策について

人気投稿

Information

伊藤・橘川・芝波田共同会計グループ内
伊藤俊一税理士事務所
〒113-0034
東京都文京区本駒込4丁目36-7

事業承継、組織再編、相続対策、少数株主からの株式集約にお悩みの方、 お探しの方は東京の伊藤俊一税理士事務所までご相談ください!

  • 営業時間 平日9:00~19:00 ※土日祝日は事前にご連絡いただければ対応させていただきます。
  • 03-3822-0010
  • お問い合わせはこちら MAIL FORM

ページの先頭へ