東京で相続対策から事業承継でお悩みなら『伊藤俊一税理士事務所』|アメリカ法における信託受益権の評価(7)

新着情報

アメリカ法における信託受益権の評価(7)

2017年07月22日
アメリカのグランター・トラストと課税制度の内容について検討したとおりであるが,信託受益権の評価に関する規定は,同法典第2702 条に置かれている。アメリカ法における信託受益権の評価の具体例は脚注を参照されたい 。そこには,価値の移転があったとみなす範囲を限定した上で,遺産税ではなく贈与税として課税関係が構築されている。しかしながら,統一移転税制(Unified Transfer Tax System)により,統一移転税の税額計算は累積的に計算される。従って,生前贈与であれ,死亡時相続であれ税額的に大差は生じない。そのため,後述3.のような複層化することによる生前贈与対策にはインセンティブは働かないはずである。これを参照にした制度がわが国における相続時精算課税制度であるが,税率は20%である。また,生前贈与した場合の贈与税の税率テーブルと相続税の税率テーブルは異なっており,そのテーブル差を利用した租税回避のインセンティブ要因が高い。一方,アメリカ法では先述の通り,税率テーブルは一緒のため,そのようなインセンティブは低い。
このようにわが国とアメリカでは課税の仕組みが異なり,わが国の信託受益権の評価法の検討項目としては,参考にならないと思慮する。
なお,シアーズ規則については,同規則は信託課税ルールの範囲から除外される「信託」を決定するためのものであることであるからここでは言及しない 。

戻る

ご用の際は何時でもお気軽にお問い合わせ下さい! 03-3822-0010 営業時間 平日9:00~19:00 メールでのお問い合わせはこちらから

Information

伊藤・橘川・芝波田共同会計グループ内
伊藤俊一税理士事務所
〒113-0021
東京都文京区本駒込4-36-7-1101

事業承継、組織再編、相続対策、少数株主からの株式集約にお悩みの方、お探しの方は東京の伊藤俊一税理士事務所までご相談ください!

  • 営業時間 平日9:00~19:00 ※土日祝日は事前にご連絡いただければ対応させていただきます。
  • 03-3822-0010
  • お問い合わせはこちら MAIL FORM

ページの先頭へ