東京で相続対策から事業承継でお悩みなら『伊藤俊一税理士事務所』|財産評価基本通達に従って評価した場合の納税者側の主張及び課税庁側の対応(1)

新着情報

~税理士・会計事務所のための~「コンサル質問会」

税理士・会計事務所がもっとも悩み、もっとも頭が痛い、顧問先へのコンサル・提案について、突っ込んだ内容の相談・質問が可能に!

税理士の為のコンサル質問会 詳細はこちら

財産評価基本通達に従って評価した場合の納税者側の主張及び課税庁側の対応(1)

2017年07月24日
本章では財産評価基本通達どおり計算したのにもかかわらず課税庁側が否認するとはどういうケースか,通達を形式的に発動した結果が,平等性の原則に照らしその平等が担保されないときに発動されるという考え方がとられると思われる点について述べる。
 また,現行法上の財産評価基本通達202項は信託評価差損益が生じない点で評価されると述べたが,収益率と信託契約期間の恣意的な操作によって複数の租税回避が考えられる点を述べる。
財産評価基本通達に従い計算し形式的公平は確保されているのに,課税庁側が税務否認をするとはいかなる場合が考えられるであろうか。
財産評価基本通達自体の性質は先述の金子宏教授による「評価基本通達の基本的内容は,長期間にわたる継続的・一時的適用とそれに対する国民一般の法的確信の結果として,現在では行政先例法になっている」と解される。
確かに通達に法源性は認められない。それでも通達の法的必要性を論じるためには一般法理としての平等原則が登場せざるを得ないと思慮する。すなわち平等原則に照らして不公正であると認められる場合に,裁量権として法的な平等性が否定されるということである。その理由は納税者間の公平性の確保からである。

戻る

最初のご連絡は必ずお問い合わせフォームからご連絡ください。※土日祝日は事前にご連絡いただければ対応させていただきます。匿名でのお電話、捨てメールアドレスによるお問い合わせはご遠慮ください。

税理士・会計事務所のための
「コンサル質問会」

税理士・会計事務所がもっとも悩み、もっとも頭が痛い、顧問先へのコンサル・提案について、突っ込んだ内容の相談・質問が可能に!

税理士・会計事務所の為のコンサル質問会

相続対策について

人気投稿

Information

伊藤・橘川・芝波田共同会計グループ内
伊藤俊一税理士事務所
〒113-0034
東京都文京区本駒込4丁目36-7

事業承継、組織再編、相続対策、少数株主からの株式集約にお悩みの方、 お探しの方は東京の伊藤俊一税理士事務所までご相談ください!

  • 営業時間 平日9:00~19:00 ※土日祝日は事前にご連絡いただければ対応させていただきます。
  • 03-3822-0010
  • お問い合わせはこちら MAIL FORM

ページの先頭へ