東京で相続対策から事業承継でお悩みなら『伊藤俊一税理士事務所』|一般財団法人と遺言との関係

新着情報

一般財団法人と遺言との関係

2014年01月11日
こんにちは事業承継・相続税専門東京都文京区税理士伊藤俊一と申します。

 遺言の効力は、遺言書の死亡の時から効力を生じます。遺言書がある場合には、遺言の効力発生時に一般財団法人に財産が帰属するものとみなして、遺言による一般財団法人への財産の譲渡を可能にしています。遺言者の死亡時点で遺言者の財産は直後に一般財団法人に移転するため、相続財産から除外され、遺族に相続税は課されないことになります。しかし、遺言者が一般財団法人に時価で譲渡したものとみなされ、準確定申告時に、被相続人の譲渡所得として申告することになります。

戻る

ご用の際は何時でもお気軽にお問い合わせ下さい! 03-3822-0010 営業時間 平日9:00~19:00 メールでのお問い合わせはこちらから

Information

伊藤・橘川・芝波田共同会計グループ内
伊藤俊一税理士事務所
〒113-0021
東京都文京区本駒込4-36-7-1101

事業承継、組織再編、相続対策、少数株主からの株式集約にお悩みの方、お探しの方は東京の伊藤俊一税理士事務所までご相談ください!

  • 営業時間 平日9:00~19:00 ※土日祝日は事前にご連絡いただければ対応させていただきます。
  • 03-3822-0010
  • お問い合わせはこちら MAIL FORM

ページの先頭へ