東京で相続対策から事業承継でお悩みなら『伊藤俊一税理士事務所』|一般財団法人には課税上の限界がある。その回避策は?

新着情報

一般財団法人には課税上の限界がある。その回避策は?

2014年01月14日
こんにちは事業承継・相続税専門東京都文京区税理士伊藤俊一と申します。

 通常の一般財団法人の設立には課税上の問題が多々あります。そこで一般財団法人が既存であっても、新たに一般社団法人を別に設立するという手があります。一般社団法人を信託の受託者として、財産を信託譲渡するという手があります。
 一般社団法人の機関設計は最小でよいと思います。社員2名、理事1名になります。また財産を提供した者の意思を信託を通じて実現するという意味では、一般財団法人と同様の効果を望めます。ちなみに信託と一般財団法人は財産の提供者の意思を実現するという制度で共通しております。

戻る

ご用の際は何時でもお気軽にお問い合わせ下さい! 03-3822-0010 営業時間 平日9:00~19:00 メールでのお問い合わせはこちらから

Information

伊藤・橘川・芝波田共同会計グループ内
伊藤俊一税理士事務所
〒113-0021
東京都文京区本駒込4-36-7-1101

事業承継、組織再編、相続対策、少数株主からの株式集約にお悩みの方、お探しの方は東京の伊藤俊一税理士事務所までご相談ください!

  • 営業時間 平日9:00~19:00 ※土日祝日は事前にご連絡いただければ対応させていただきます。
  • 03-3822-0010
  • お問い合わせはこちら MAIL FORM

ページの先頭へ