東京で相続対策から事業承継でお悩みなら『伊藤俊一税理士事務所』|一般財団法人の課税関係

新着情報

一般財団法人の課税関係

2014年01月12日
こんにちは事業承継・相続税専門東京都文京区税理士伊藤俊一と申します。

・通常の一般財団法人の場合
普通法人と同様に扱われます。すなわち一般財団法人が拠出を受けた財産の価額は受贈益になってしまいます。一般財団法人は通常の株式会社と違い、「持分」「「出資」という概念がありません。したがって財産の拠出は損益取引となってしまうのです。
・公益認定を受けた一般財団法人の場合
基本的に財産の拠出に関しては受贈益にはなりません。

一般財団法人の設立に際して拠出される財産は300万円以上必要ですが、通常の一般社団法人への拠出は上述の通り受贈益が課されることに留意が必要です。ちなみに純資産が2期連続で300万円を割り込むと解散事由となります。
このため法人税等を納税した後の純資産が300万円になるような額を拠出するか、設立年度中に計上する利益を含めて純資産300万円を確保する必要があります。上記のように、通常の一般財団法人は課税関係が面倒です。このため、一般財団法人の設立に関しては、公益認定を受けられる設計をするのが通常です。

戻る

ご用の際は何時でもお気軽にお問い合わせ下さい! 03-3822-0010 営業時間 平日9:00~19:00 メールでのお問い合わせはこちらから

Information

伊藤・橘川・芝波田共同会計グループ内
伊藤俊一税理士事務所
〒113-0021
東京都文京区本駒込4-36-7-1101

事業承継、組織再編、相続対策、少数株主からの株式集約にお悩みの方、お探しの方は東京の伊藤俊一税理士事務所までご相談ください!

  • 営業時間 平日9:00~19:00 ※土日祝日は事前にご連絡いただければ対応させていただきます。
  • 03-3822-0010
  • お問い合わせはこちら MAIL FORM

ページの先頭へ